• トップ /
  • インプラント治療と医療費控除

インプラントで税金が安くなる

抜けてしまったりした歯の治療法として人気のインプラント治療ですが、受けるときに知っておきたいのが、医療費控除についてです。これは支払った医療費を一定の基準で所得から控除することによって、翌年度の所得税と住民税が安くなるという制度です。インプラント治療は決して安くはないものですので、少しでもお得にするためには医療費控除を活用したいところですが、期間はどうなっているのでしょうか。所得税と住民税は、1年間、つまり1月1日から12月31日までを期間として計算します。インプラント治療は医療費控除の対象となりますが、治療には時間がかかります。年をまたがず、特定の1年にまとめて治療を受けたほうが税制的には有利と言えるでしょう。また医療費控除は年末調整では受けることができず、確定申告が必要となります。確定申告は2月中旬から3月中旬が受付期間となる場合が多いです。もう一つ注意しておきたいのが、医療費控除はインプラント治療のみでなく、医療費全般が対象となります。インプラント治療を受ける都市は、他の病院に支払った費用や、薬局やドラッグストアなどで購入した医薬品も控除の対象となります。領収書の提出が必要なので、領収書やレシートは保管しておくようにしましょう。

↑PAGE TOP