• トップ /
  • インプラントは医療費控除の対象

インプラント治療の魅力とは

近年注目を集める歯のインプラント治療は一般の治療に比べ高額ですが、見た目の美しさや機能が高く評価されています。また、治療費は医療費控除を申告すれば戻ってくる点も高評価を得ています。インプラント治療は失った歯の代わりにチタン製の人工歯根を歯茎に埋め込み、その上に人工のクラウン(かぶせ物)を装着する治療方法です。失った歯の両隣の歯を支柱にするブリッジ治療に比べると、自分の歯のような自然な仕上がりや噛んだときの違和感の少なさが高く評価されています。一般的な治療の流れは、まず最初にレントゲンやCTなどで撮影し、治療方針を決めます。次の診察時にインプラントを埋め込む手術を行います。歯茎を切開し、あごの骨を一部削りますが、麻酔をするためほとんど痛みを感じることはないでしょう。手術跡が治癒し、人工歯根と骨が結合するまで3~6ヶ月間おいて、2回目の手術が行われます。この手術ではインプラントの上部にクラウンをかぶせるための連結部分を装着します。その後、1~6週間おいてクラウンを装着します。クラウンにはセラミック、メタルボンド、ハイブリッドなどの種類があり、予算や機能に応じて選ぶことができます。インプラントは保険適用外のため費用は1本当たり30~50万円ほどかかります。しかし医療費控除の対象となり、税務署に申告すれば所得税の一部が戻ってきます。医療費控除は年間の医療費負担が10万円を超えたとき、超えた分を年間の所得から差し引くことができますので、忘れずに申告したいものです。

↑PAGE TOP