• トップ /
  • インプラントは、医療費控除対象

インプラント治療の領収書

インプラントは、歯を失った場合の治療をする事になります。健康保険の対象となりませんので、医療費の負担は大きくなります。しかし、欠損歯の治療ですから、確定申告をする時に、医療費控除の対象となりますので、この申請を確定申告の時にする事がお勧めです。医療費控除の対象とならない物は審美性を追及するものと一般的に支出される水準を著しく超えている物です。従って、医療費控除の対象となるのは、インプラント治療にかかった費用(検査、診断料、インプラント体、被せ物の費用)、医師、歯科医師より処方された医薬品の費用(予防や健康増進用は対象外です)と、通院のための交通費が含まれます。(マイカーで通院した場合の駐車場代やガソリン代はふくまれません)。このために支払いをしたと気に受け取った領収書は保存をしておく事がお勧めです。1月から12月までに使った医療費の領収書を合計して、それが10万円以上の額になっていれば、確定申告の時に申請すればよいのです。ただ、申請者が、確定申告をする人の被扶養者であるか、申請者本人が、所得税を払っている人でないと税金は還付されません。医療費控除を申請するにはインプラントの治療にかかった費用の領収書を添えて申請しますので、すべての領収書をまとめて保管をしておく事がお勧めです。

↑PAGE TOP